ホーム > 担当教員の研究最前線(磯貝 明)

担当教員の研究最前線

TEMPO触媒酸化によって調製した新規セルロース系バイオナノファイバーの構造解析と先端材料への応用

植物は高結晶性のセルロースミクロフィブリルを構成単位とし、階層構造を形成して生命体を支えています。私たちは、TEMPO触媒酸化という新しい手法を用いることにより、世界で初めて、幅3~4ナノメートルで長さが数ミクロンある高結晶性のセルロースナノファイバーを調製する方法を発見しました。現在、その表面ナノ構造解析を進めるとともに、再生産可能で、生物分解性のある新規高結晶性新規バイオナノ材料として再生医療材料、超純水製造用分離膜、電池セパレーター、電子基盤材料などの分野への応用展開を検討しています。

TEMPO酸化セルロースナノファイバーの構造モデル
高い酸素バリア性が発現するセルロースナノファイバーフィルム
TEMPOの化学構造
セルロースナノファイバーフィルム表面のナノ構造を原子間力顕微鏡で可視化

製紙科学研究室

いそがい あきら
教授 磯貝 明
専  門: セルロース科学
多糖化学
担当授業: セルロース科学
植物繊維科学ほか
趣  昧: 自転車・絵画