ホーム > 担当教員の研究最前線(鮫島 正浩)

担当教員の研究最前線

バイオマスを利用した燃料用エタノール生産に関わる生物化学的な利用技術の開発

地球温暖化防止対策ならびにエネルギー資源の安全保障の立場から近年、脱石油化に向けた社会システムの構築が国内外で大きな課題となっています。その中で、植物バイオマスを利用して自動車などの動力燃料としてのバイオエタノールを生産し、利用することが強く求められています。私のバックグラウンドは微生物機能ならびにそれが生産する酵素に関わる生物化学ですが、現在、これらの基礎学によって得られた知識を用いて、植物バイオマスを効率的にバイオエタノールに変換するための技術開発を推進しています。

微生物・酵素を利用したバイオエタノール生産プロセスの一例
バイオマス変換に関わる酵素
β-グルコシダーゼの三次元構造

森林化学研究室

さめじま まさひろ
教授 鮫島 正浩
専  門: バイオマス科学
森林生物化学
担当授業: 森林生物化学
バイオマス生物工学ほか
趣  昧: 野山歩き・音楽