研究室の概要 Brief Introduction of our Group

接着の技術は紀元前のエジプトから利用されています.しかしながら, その現象は未だに科学的に解明されていません.物をくっつけることはできても, そのメカニズムが分かっていないのです.
私たちは走査型プローブ顕微鏡や二次元相関分光法といった新しい分析手法を用いて, 接着剤表面や界面の,ナノレベル界面の特性や化学構造を明らかにしてきました. また,接着剤の木材への浸透性を数値化し,そこから導かれる接着特性を推定する方法 を構築しています.最近では,これらの技術をキチン複合材料等の生物素材の解析にも 活用しています.
さらに,やわらかい高分子やヤモリ模擬粘着剤における粘着・剥離の動力学, 高分子ゲルを用いた室内実験における巨大地震発生過程,メカニカルメタマテリアルの 巨大変形・破壊挙動,やわらかい固体の超高速すべり摩擦など,高分子の界面力学 やそこから派生した新しい学問領域に関する基礎的・実用的な研究にも力を入れています.
これらの分野に興味をもつ大学院生・研究員を広く募集しています.ぜひ一緒に研究しましょう!

The technology of adhesion has been utilized since Egyptian civilization BC. However, the mechanisms have not yet been fully understood, in spite that the technique is commonly used in our dairy lives.
In Adhesion Science and Bio-composites Laboratory, we have been elucidating the properties and structures of adhesives at interface in a nanometric scale. Furthermore, we have been developping the methods to quantify the penetration of adhesives into wood and to estimate the adhesion performances. We have also been applying the technique to analyze chitin-based biocomposite materials.
Recently, we have expanded our research areas to start new projects, such as, dynamical and multi-scale analyses on adhesion and debonding of soft adhesives, laboratory experiments of giant earthquakes using polymer gels, analysis of large deformation/fracture behavior of mechanical metamaterials, and ultra-high speed sliding friction of soft solids.
We are looking for students and post-docs who are interested in these topics. Let's enjoy research together!

▼詳細については,「研究(RESEARCH)のページをご覧ください」


NEWS

2021.5 大学院入試ガイダンス資料をアップしました.

2020.11 B3の学生さん2名が研究室に配属されました.

2020.11 入室説明会資料をアップしました.

2020.10 研究室ウェブサイトが開設されました.

2020.9 山口哲生准教授が当研究室に着任しました.