お知らせ

2017年4月18日
2018年度大学院入試ガイダンスのお知らせ

『木造建築コース』へのご招待

 全国から木と木の建築の専門家が集う、東京大学大学院木造建築コース(修士課程)。意匠、構造、材料、施工、経営など、「木造建築《をキーワードに全国から多彩な顔ぶれがそろっています。

 カリキュラムは、座学系の木質構造学・木質材料学・耐久性の科学などに、実習系の建築事例研究・建築設計演習などを合わせた内容が組まれています。社会人として仕事との両立をしやすいよう、講義は隔週に2日程度終日行う集中講義形式が基本です。2005年度のコース設置以降、カリキュラム以外の授業や学会・視察等にも意欲的に参加する、社会人コースならではの風土が形成されています。

 なお、大学院修了と共に、東京大学大学院修士(農学)の称号が授与されます。