業績

2024年

原著論文
1.
Taizo Kabe, Saki Okumura, Hongyi Gan, Manikandan Ilangovan, Tadahisa Iwata : Thermal Properties and Crystallization Behavior of Curdlan Acetate Propionate Mixed Esters; Macromolecules 2024, 57, 3, 1138-1146, DOI:10.1021/acs.macromol.3c02037 , Published online 2024.01.17
2.
Taku Omura, Noriyuki Isobe, Takamasa Miura, Shun’ichi Ishii, Mihoko Mori, Yoshiyuki Ishitani, Satoshi Kimura, Kohei Hidaka, Katsuya Komiyama, Miwa Suzuki, Ken-ichi Kasuya, Hidetaka Nomaki, Ryota Nakajima, Masashi Tsuchiya, Shinsuke Kawagucci, Hiroyuki Mori, Atsuyoshi Nakayama, Masao Kunioka, Kei Kamino, Tadahisa Iwata : Microbial decomposition of biodegradable plastics on the deep-sea floor; nature communications 15, 568 (2024), DOI:10.1038/s41467-023-44368-8 , Published online 2024.01.26
3.
Ruiqi Li, Jin Ho Seok, Tadahisa Iwata: Synthesis, characterization and seawater biodegradability of paramylon mix ester derivatives with different DS; Polymer Degradation and Stability, 223, 2024, 110733, DOI:10.1016/j.polymdegradstab.2024.110733 , Published online 2024.03.06
4.
Yuya Fukata, Satoshi Kimura, Tadahisa Iwata: Manufacturing low dielectric polysaccharide esters with high thermal stability, ACS Applied Polymer Materials, 2024,6, 7, 4310–4320, DOI:10.1021/acsapm.4c00469 , Published online 2024.04.01
5.
Manikandan Ilangovan,Taizo Kabe, Tadahisa Iwata: Processing and Evaluation of Bio‑Based Paramylon Ester/Poly(butylene succinate) Blends for Industrial Applications, Journal of Polymers and the Environment, 2024 DOI:10.1007/s10924-024-03274-w , Published online 2024.05.02
6.
Natsumi Hyodo, Hongyi Gan, Manikandan Ilangovan, Satoshi Kimura, Ken‐ichi Kasuya, Noriyuki Isobe & Tadahisa Iwata: Coastal and deep-sea biodegradation of polyhydroxyalkanoate microbeads, scientific reports, 2024, 14, 10302 DOI:10.1038/s41598-024-60949-z , Published online 2024.05.05
総説・著書
1.
高分子材料の分解制御技術、粕谷健一研修、分担執筆:第7章ジバニリン酸を利用した生分解性芳香族バイオマスプラスチックの開発、榎本有希子、藤枝謙太郎、岩田忠久、第11章酵素内包生分解性プラスチック 黄秋源、木村聡、岩田忠久、シーエムシー出版、発行日2024年4月5日、ISBN:978-4-7813-1795-3
報道
基調講演、招待講演
1.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの創製と海洋分解性評価」、2024年1月25日、「ゴム・エラストマーのサステイナブル 最近の動向」日本ゴム協会関西支部、京都工芸繊維大学+オンライン
2.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの創製と今後の展望」、2024年1月28日、TEIJIN MIRAI FORUM 2024~THINK THE FUTURE~、大崎ブライトコアホール
3.
岩田忠久、「高性能な海洋生分解性バイオマスプラスチックの開発」、2024年1月31日、GREEN MATERUAL「サーキュラーエコノミーとサステナブル材料」、東京ビックサイト 東5ホール内
4.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの創製と海洋分解性評価」、2024年2月7日、令和5年度 海洋生分解性プラスチック標準化コンソーシアム講演会、オンライン
5.
岩田忠久、「深海でも生分解性プラスチックは分解することを実証!」、2024年3月2日、海と地球のシンポジウム2023~科学のフロンティア×研究船~、東京大学弥生講堂一条ホール
6.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの開発と深海生分解性評価」、2024年3月5日、第17回nano webinar ナノ構造ポリマー研究協会、オンライン
7.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの開発と海洋生分解性評価」、2024年3月5日、第17回nano webinar ナノ構造ポリマー研究協会、オンライン
8.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの開発と海洋生分解性評価」、2024年3月18日、第73回プラスチックフィルム研究会講座脱炭素社会・循環型経済実現に貢献するプラスチックフィルム材料、東京工業大学 大岡山キャンパス
9.
岩田忠久、「高性能な海洋生分解性バイオマスプラスチックの開発を目指して」、2024年3月21日、日本化学会第104回春季大会、日本大学理工学部 船橋キャンパス
10.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの開発と海洋分解性評価~生分解性プラスチックは深海でも分解されることを実証~」、2024年4月17日、第7回 食・触コンソーシアム シンポジウム、オンライン
受賞
1.
立岩丈武、TEIJIN MIRAI FORUM 優秀賞 
受賞業績「生分解性プラスチックの表面化学改質による生分解開始スイッチの開発」、2024年01月27日

CONTACT INFORMATION

東京大学
大学院農学生命科学研究科
生物材料科学専攻
バイオマス化学講座
高分子材料学研究室 〒113-8657
東京都文京区弥生1-1-1
農学部5号館402号室

Tel
03-5841-5266
Fax
03-5841-1304

岩田忠久教授


ページのトップへ戻る