業績

2022年

原著論文
1.
Jin Ho Seok, Yukiko Enomoto, Tadahisa Iwata: Synthesis of paramylon ester-graft-PLA copolymers and its two-step enzymatic degradation by proteinase K and β-1,3-glucanas; Polymer Degradation and Stability 2022, 197, 1098553, DOI:10.1016/j.polymdegradstab.2022.109855 , Published online 2022.02.03
2.
Shiori Suzuki, Azusa Togo, Satoshi Kimura, Tadahisa Iwata: Curdlan acetate fibres with low degrees of substitution fabricated via a continuous process of chemical modification and wet spinning using an ionic liquid; Green Chemistry 2022, 24, 2567, DOI:10.1039/D1GC04336F , Published online 2022.02.21
3.
Katsuya Komiyama, Taku Omura, Taizo Kabe, Tadahisa Iwata: Mechanical properties and highly-ordered structural analysis of elastic poly [(R)-3-hydroxybutyrate-co-(R)-3-hydroxyvalerate] fibers fabricated by partially melting crystals; Polymer 2022, 247, 124772, DOI:10.1016/j.polymer.2022.124772 , Published online 2022.03.20
4.
Jobu Tateiwa, Satoshi Kimura, Ken-ichi Kasuya, Tadahisa Iwata: Multilayer biodegradable films with a degradation initiation function triggered by weakly alkaline seawater; Polymer Degradation and Stability 2022, 200, 109942, DOI:10.1016/j.polymdegradstab.2022.109942 , Published online 2022.04.18
5.
Azusa Togo, Keiko Uechi, Osamu Mizutani, Satoshi Kimura, Tadahisa Iwata: Preparation and Crystal Structure Analysis of High-Strength Film Derived from Nigeran Ester Derivatives; Journal of Fiber Science and Technology 2022, 78(8), 126-132, DOI:10.2115/fiberst.2022-0017, Published online 2022.05.19
6.
Azusa Togo, Mayumi Usagawa, Satoshi Kimura, Tadahisa Iwata: Synthesis and characterization of α-1,6-graft-α-1,3-glucan ester derivatives; Polymer 2022, 253, 125004, DOI:10.1016/j.polymer.2022.125004, Published online 2022.05.27
7.
Kazuma Yagura, Yukiko Enomoto and Tadahisa Iwata: Synthesis of fully divanillic acid-based aromatic polyamides and their thermal and mechanical properties; Polymer 2022, 256, 152222, DOI:10.1016/j.polymer.2022.152222, Published online 2022.08.18
8.
Kentaro Fujieda, Yukiko Enomoto, Yunfan Zhang, Tadahisa Iwata: Synthesis and characterization of novel potentially biodegradable aromatic polyestersconsisting of divanillic acids with free phenolic hydroxyl groups; Polymer 2022, 257, 125241, DOI:10.1016/j.polymer.2022.125241, Published online 2022.08.28
9.
Manikandan Ilangovan, Hongyi Gan, Taizo Kabe, Tadahisa Iwata: Preparation and properties of binary green blends from poly (butylene succinate-co-adipate) and β-(1, 3)-D-glucan ester derivative; Polymer 2022, 259, 125332, DOI:10.1016/j.polymer.2022.125332, Published online 2022.09.14
10.
Hongyi Gan, Takumi Okada, Satoshi Kimura,Ken-ichi Kasuya, Tadahisa Iwata: Manufacture, physical properties, and degradation of biodegradable polyester microbeads; Polymer Degradation and Stability 2023, 208, 110239, DOI:10.1016/j.polymdegradstab.2022.110239, Published online 2022.12.20
総説・著書
1.
荻野 賢司, 岩田 忠久, 奥林 里子, 荒西 義高, 村瀬 浩貴: ポストコロナ時代における繊維の活躍; 繊維学会誌, DOI: 10.2115/fiber.78.2 , Published 2022.1.13
2.
大村 拓, 岩田 忠久: 延伸による高分子の構造と物性制御-微生物産生ポリエステルから高性能繊維の作製技術開発と構造解析-; S&T出版, 3章, 1節, 138-147, Published 2021.1.28
報道
1.
「持続可能性社会に向けた夢のプラスチックー地球の未来を変える注目の技術ー」BLUE SHIP(今、あなたの力が必要な理由Vol.78)より 2022年09月30日 記事内容はこちら
基調講演、招待講演
1.
岩田忠久、「海洋分解性プラスチックの開発と将来展望」、2022年3月4日、海洋分解性プラスチックの開発と将来展望、オンライン開催
2.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの創製と環境生分解」、2022年3月18日、化学工学会シンポジウム、オンライン開催
3.
岩田忠久、「生分解性バイオマスプラスチックの高性能化と課題」、2022年5月13日、第178回講演会~海洋プラゴミ・マイクロプラ問題の解決に向けて~、浅草橋ヒューリックホール&カンファレンス
4.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの開発と今後の課題」、2022年5月19日、カーボンニュートラル社会に向けた注目分野の最新動向、オンライン開催
5.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの開発と将来展望」、2022年5月23日、新化学技術推進協会(JACI)環境技術部会講演会、オンライン開催
6.
岩田忠久、「生分解性バイオマスプラスチックの高性能化と分解性評価」、2022年6月15日、2022年度第2回講演会「生分解性材料研究の最新動向」、オンライン開催
7.
岩田忠久、「生分解性バイオマスプラスチックの高性能化と今後の展望」、2022年6月20日、CMCリサーチセミナー、オンライン開催
8.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの開発と環境分解性評価」、2022年6月22日、第101回千葉地域活動高分子研究交流講演会、オンライン開催
9.
岩田忠久、「生分解性バイオマスプラスチックの高性能化と包装分野への応用」、2022年6月23日、第59回中部支部会員総会特別講演会、ホテルメルパルク名古屋
10.
岩田忠久、「海洋分解性繊維の開発と分解性スイッチ機能の付与」、2022年7月6日、生分解、バイオマス繊維の開発と応用、オンライン開催
11.
岩田忠久、「環境に優しい生分解性バイオマスプラスチックの開発と将来展望」、2022年7月27日、繊維加工技術研究会第61回講演会、オンライン開催
12.
岩田忠久、「Future Prospects of Eco-friendly Plastics-Biodegradable Plastics and Biomass Plastics-」、2022年7月28日、The 16th Asian textile Conference、オンライン開催
13.
岩田忠久、「Processing and structure analysis of marine degradable fibers with elasticity from P(3HB-co-4HB) and evaluation of their environmental water degradability」、2022年8月23日、International Symposium on “Green Polymer Chemistry and Sustainability” 、Chicago
14.
岩田忠久、「Development of High-performance Biodegradable Biomass Plastics and their Marin Biodegradability」、2022年8月28日、2022 Global ESG Forum、オンライン開催
15.
岩田忠久、「環境に優しい生分解性バイオマスプラスチックの開発と将来展望」、2022年8月31日、界面マルチスケール4次元解析による革新的接着技術の構築 第七回全体会議、JST東京本部別館
16.
岩田忠久、「Mechanical Properties and Biodegradability of Microbial Polyesters and Polysaccharide Esters」、2022年9月13日、18th International Sympoium on Biopolymers、Switzerland
17.
岩田忠久、「生分解性バイオマスプラスチックの高性能化に関する研究」、2022年9月21日、高分子同友会第52回総合講演会、オンライン開催
18.
岩田忠久、「生分解性バイオマスプラスチックの高性能化と将来展望」、2022年10月14日、印刷インキアドバンス講座―印刷物の安全性と環境負荷低減に向けたアプローチ―、東京塗料会館
19.
岩田忠久、「人類と自然環境の調和を目指した生分解性バイオマスプラスチックの挑戦」、2022年11月8日、日本学術会議公開シンポジウム「カーボンニュートラル化と資源循環に向けた高分子化学のチャレンジ」、日本学術会議講堂
20.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの開発を目指して」、2022年11月9日、高分子学会・超分子研究会・精密ネットワークポリマー研究会第6回合同講座「Network PolymerとSupramoleculesが織りなす環境適合材料の世界」、中央大学
21.
岩田忠久、「Development of High-performance Microbial Polyesters and Polysaccharide Ester Derivatives」、2022年11月14日、8th Bio-based and Biodegradable Polymers、Spain
22.
岩田忠久、「持続可能な社会に貢献する高分子」、2022年11月15日、化学技術基礎講座2022 高分子化学-高分子の基礎から応用・加工までー、オンライン開催
23.
岩田忠久、「未来を拓け!⽣分解性バイオマスプラスチック」、2022年11月26日、高分子学会・関東高分子若手研究会秋の講演会2022〜循環する⾼分⼦〜、東京大学
24.
岩田忠久、「環境にやさしいプラスチックの将来展望 ~生分解性プラスチックとバイオマスプラスチック~」、2022年12月16日、Kyushu University Institute for Asian and Oceanian Studies(Q-AOS)Symposium 2022、オンライン開催
25.
岩田忠久、「高性能な生分解性バイオマスプラスチックの創製と海洋分解性評価」、2022年12月17日、日本技術士会・化学部門 化学部会講演会、オンライン開催
受賞
1.
鈴木栞、第33回日本木材学会奨励賞、
受賞業績「イオン液体を用いたリグノセルロースの化学修飾による材料化に関する基礎研究」、2022年03月17日
2.
上野山侑太郎、第71回高分子学会年次大会 優秀ポスター賞、
受賞業績「α-1,3-グルカン短鎖・長鎖混合エステルを用いた溶融紡糸繊維の作製と物性及び構造評価」、2022年05月27日
3.
加部泰三、令和4年度繊維学会年次大会 優秀口頭発表賞、
受賞業績「X線回折CT法を用いたカードランプロピオネートロッド内部における配向性結晶の可視化」、2022年06月10日
4.
岡田征三、第71回高分子討論会 優秀ポスター賞、
受賞業績「β-2,6-フルクタンのエステル誘導体の合成と応用」、2022年09月07日

CONTACT INFORMATION

東京大学
大学院農学生命科学研究科
生物材料科学専攻
バイオマス化学講座
高分子材料学研究室 〒113-8657
東京都文京区弥生1-1-1
農学部5号館402号室

Tel
03-5841-5266
Fax
03-5841-1304

岩田忠久教授


ページのトップへ戻る