高分子材料学研究室

高分子は、人類の生活に欠かすことの出来ない材料の一つです。

高分子材料学研究室では、石油を原料としない、再生産可能な天然多糖類や木質バイオマス資源を原料とした「バイオマスプラスチック」 と、使用中は従来のプラスチックと同じ性能を発揮し、使用後は環境中で分解する「生分解性プラスチック」 に関する研究を中心に進めています。
化学合成、生物合成、物性評価、構造解析、酵素分解など、高分子の化学・材料学・構造学・環境化学・グリーンサステイナブルケミストリーの幅広い観点から、環境にやさしいプラスチック の基礎から応用までの様々な研究を行い、持続可能な社会の構築に貢献することを目指しています。

研究テーマ

  • 1. 微生物が生合成する生分解性バイオポリエステルの高強度繊維・フィルム化技術の開発
  • 2. 生分解性バイオマスプラスチックの基礎研究と高性能部材化
  • 3. 未利用バイオマスからの新規バイオマスプラスチックの創製
  • 4. オールバイオマス複合材料の開発
  • 5. 大型放射光を用いた高分解能構造解析
  • 6. 生分解性制御技術の開発

詳細を見る

実施機関:
代表 東京大学
共同 京都大学、NEC
  • 1. さまざまな天然高分子多糖類からのバイオプラスチック創製
  • 2. 高分子多糖類の酵素合成とバイオプラスチック創製
  • 3. さらなる環境調和型バイオプラスチックを目指して

詳細を見る

実施機関:
代表 東京大学、カネカ、バイオベース、Bio-energy、関西化学機械製作、大阪大学、伊藤製油、リコー、東京工業大学
  • 1. 新規バイオポリエステルの製造と環境調和型生産プロセスの開発
  • 2. 高性能バイオプラスチック製品への応用 ~コンパウンド・成形加工技術の開発~

詳細を見る

CONTACT INFORMATION

東京大学
大学院農学生命科学研究科
生物材料科学専攻
バイオマス化学講座
高分子材料学研究室 〒113-8657
東京都文京区弥生1-1-1
農学部5号館402号室

Tel
03-5841-5266
Fax
03-5841-1304

岩田忠久教授


ページのトップへ戻る