ホーム > 担当教員の研究最前線(岩田 忠久)

担当教員の研究最前線

生分解性を有する新規バイオベースポリマーの創成とナノ構造制御による高機能化

糖や植物油などのバイオマスからつくられる高分子を、バイオベースポリマーと呼びます。その中でも、環境中の微生物の分泌する酵素によって二酸化炭素と水にまで完全に生分解される、新規で高機能なバイオベースポリマーの創成を目指して研究を行っています。私たちは、生分解性ポリエステルから釣り糸や手術用縫合糸にも使える高強度繊維の開発に世界で初めて成功しました。また、物性や生分解性の速度をコントロールすることを目的として、高分子化学・生物素材化学・材料科学の視点から研究および教育に取り組んでいます。

再生産可能なバイオマスから作る「バイオマスプラスチック」
環境中や体内で分解する「生分解性プラスチック」

高分子材料学研究室

いわた ただひさ
教授 岩田 忠久
専  門: 高分子構造・高分子科学
担当授業: 基礎高分子化学
高分子材料学ほか
趣  昧: バドミントン
1000円以下のワイン