ホーム > 担当教員の研究最前線(榎本 有希子)

担当教員の研究最前線

新規バイオベースポリマーの合成と分子制御による高機能材料化

代表的なバイオマスであるセルロースなどの多糖類は、その水酸基をエステル化することで、もともとなかった熱可塑性を付与できます。私たちは、多糖類のエステル誘導体を化学合成し、その分子構造を制御することで、耐熱性や強度などの優れた物性あるいは生分解性などの高機能性を有するプラスチック材料の開発を行っています。また、微生物が産生する生分解性ポリエステルとの複合化や単糖類を構成単位とするポリアミドの合成に挑戦し、新規バイオベース機能材料の創製を目指しています。

高分子材料学研究室

准教授 榎本 有希子
専  門: 多糖化学
生物材料化学
趣  昧: 料理・食器・音楽
片付け