木質材料学研究室

研究室のホームページ http://lovin.fp.a.u-tokyo.ac.jp/~woodb/index.html

研究の内容

木材は、材料として使う際の必要投入エネルギー量も他材料と比べると格段に低い未来材料だということが今日では明確になっています。木質材料学研究室は、この木材を最大限有効利用することを目指して研究しています。

従来用いられていなかった低品質の木質系素材、草本系素材、住宅解体材として出てくる木材などから新たな材料を開発することを行っています。ペットボトルなどプラスチック系廃棄物との複合化なども試みています。このような組み合わせには無限の可能性がありますが、そこに新たな構成原理を見出し、論理的な材料開発に道筋をつけようとしています。

木質系構造物の信頼性向上のための研究も大きなテーマです。正しい設計を行えば、木造建築でも十分な耐震性、耐火性が得られることが分かっています。その体系化に向けて実験、コンピューターシミュレーション、構法開発を行っています。

木質材料学研究室

混合溶融法によって得られるPEと
木材チップや木炭との複合ボード

木質材料学研究室

特殊座金のせん断試験体

木質材料学研究室

2階建てモデルの
倒壊シミュレーション

最近の研究題目

  • 1. 木質構造躯体および耐力壁の耐震性に関する研究
  • 2. 木質構造接合部の強度性状とそのメカニズムの解明
  • 3. 木質住宅の床の振動性状と感覚評価
  • 4. 木質材料の強度発現機構の解明と新材料の開発
  • 5. 未利用資源の建材への転換とその利用方法
  • 6. 木質住宅および集成材構造等の構法開発
  • 7. 破壊機構のモデル化とコンピューターシミュレーション
  • 生物材料物理学研究室
  • 木質材料学研究室
  • 製紙科学研究質
  • 森林化学研究室
  • 木材化学研究室
  • 高分子材料学研究室
  • 生物素材科学研究室
  • 環境材料設計学研究室(アジア生物資源環境研究センター)
  • 生物素材化学専修 東京大学農学応用生命科学課程
  • 木質構造科学専修 東京大学農学応用生命科学課程
  • 農学生命科学研究科 生物材料科学専攻 木造建築コース